コインチェックNEMハッキングー!被害総額580億円!?

こんにちは。

今日の記事はもうこれしかないでしょう。

昨日コインチェック取引所のネム(NEM)が円換算約580億円分をハッキングされるという事態が起こりました。
これに伴い、現在コインチェックでは入出金の停止及びBTC以外のアルトコインの売買が停止状態となっております。
早々に昨日の23時~代表者、役員が記者会見を開きました。

まだ公式から対応についての発表は出ておりませんが、
とりあえず、ここまでの個人的な見解を書きます。

まず、ハッキングされたものが戻ってきた事例は知る限りないので、
ネムが本当に無いならこれが顧客に戻される事は無いと思います。

投資は自己責任、自己責任言いますけど、こういう時に文句言ったり、
本社に殴り込み行ったりするような人はこの自己責任意識が全くない人だと思います。
「金返せ~!」って。。。あんた・・・

保有していた方は諦めるしかないです。
私も3000NEM保有していましたが、もう諦めています。
コインチェックが580億円分を補填できるとも思っていません。
大きな企業が救世主となって現れれば別ですけどね。

昨日の記者会見は本当に見ていて腹が立ちましたが、
マスコミは揚げ足を取ろうとばかりしていて、
何もわかっていないのに、お前らは何様だと思いました。
事実を聞けばいいだけでしょ。何故攻撃する立場にあるのか。
それに対して状況的に何も論破できない代表者達を見ていられませんでした。
言いたい事はたくさんあったでしょうけど、押し殺して対応していたように見えました。

確かに隙間を刺されハッキングされたのは事実かもしれませんし、
いくらセキュリティーを強固してたとしても、破られた事実がある訳ですから、
取引の手数料で儲けていた会社はその信用のもとで成り立っていた訳なので、
セキュリティーは万全だったんです!じゃ済まされないというのはあります。

しかし、代表者もそれなりに誠意を持って対応していたように思えました。
事実が判明して、その日の内に会見してまず謝罪するって、上場企業でもしない会社ありますからね。大体、そういう会社は「まずは事実の解明が先決だと思いまして~」とかなんとか言いますよね。。。

内部で事実が判明して入出金、取引全停止にして、会見して謝罪して、今後の対応を決めていくってのは、
真っ当な対応だと私は思います。ホットウォレットでの取引だったから、なぜコールドウォレットで~とかどーのこーの言ってもどうにもならない。
時間の無駄です。ってかお前ら分かってねーだろうがと。

コインチェックは難しいかもしれないけど、ハッキング先の追跡、特定を全力で対応して、
このタイミングが一番危ないので、現顧客の資産を守る事に専念し、なぜ不正アクセスされたのか、徹底的に原因を究明して、この事案によってさらなるセキュリティー強化、有識者の確保をするべきであると思います。

技術的な事は知りませんが、
結局ハッカーとネットサービスを提供する企業は常にいたちごっこだと思いますので、
こういう原因を作る奴は大体海外の人達なのだから、日本のネットバンキングのように海外からのアクセスを制限、強固する仕組み構築していかないとならないと思います。

この件で、他の取引所も一度社内の状況を見直して、仮想通貨市場全体が更なる「安心」「安全」を強く掲げるようになっていけばいいなと節に思います。

そして、ネム以外の通貨が無くならない事も願います( ;∀;)

 

 

最近は仮想通貨ではなく、法定通貨の取引の方が多くなってきてます。

昨日の利益:13万
今月の利益:46万
FX残高:196万

では(^^)/

 

 

 

 

 

コメントを残す